太陽光でつながるコミュニティ
現在、日本ではスマートメーター導入など電力計量システムが着々と整備されています。
数年先には、制度も整い今までと全く違うエネルギー社会を迎えることでしょう。
電力会社から消費者へ、一方向で電力を販売していた仕組みが変わり、自家発電した再生可能エネルギーをご近所同士で分け合う。
そんな、新しいエネルギー社会への道がひろがっています。

私たちは、新しいエネルギー社会にはより多くの分散型、且つ再生可能な発電所が必要と思い「フリーソーラーPROJECT」をすすめてきました。
フリーソーラーPROJECTは、㈱NTTスマイルエナジーがシステムオーナーとなります。
住宅オーナー様は、システム設置に対する出費は一切ありません。
設置後は、㈱デンカシンキが開発した発電決済という決済方法に基づき、数年で㈱NTTスマイルエナジーから住宅オーナー様へ無償譲渡されます。
設置から無償譲渡まで、自動的に発電した電気が価値をもたらしてくれます。

近い将来、数多くの住宅オーナー様が自己負担なく太陽光発電所オーナー様になり、小さなコミュニティで、再生可能エネルギーを効率良く生産・消費する、次世代の電力網「スマートグリット」が確立されます。
私たちは、その基盤となる「住宅用太陽光発電システム」の更なる普及に向け、フリーソーラーPROJECTを推進してまいります。
ご協力いただける住宅オーナー様に心より感謝いたします。

株式会社デンカシンキ 代表取締役 木村賢太