3月19日より高効率タイプ250Wの太陽電池モジュール(SPR-250NE-WHT-J)のハーフタイプ125W太陽電池モジュール(SPR-125NE-WHT-J)の発売が開始されます。

また今回、高効率タイプの250W太陽電池モジュール、125W太陽電池モジュールを「Sシリーズ」と呼称し、シリーズ化します。
250W太陽電池モジュールに、新商品の125W太陽電池モジュールを加えて設置が出来ますので、限られた屋根スペースを有効に使い、今までより多くの発電量を得る太陽光発電システムが実現可能となり、高効率タイプのSシリーズと低価格タイプのVシリーズを取りそろえることで、システム構成のバリエーションが拡がりました。

新商品の主な特徴

1.250W太陽電池モジュールに加えて設置が可能。
Sシリーズの太陽電池モジュール同士を組合せ、切妻屋根や寄棟屋根にも、限られた屋根スペースでより多く発電します。

2.太陽の光を有効利用するための、「ARコート」「反射防止膜」「反射膜」を採用。
反射による光の損失を抑えるため、ガラス表面に「ARコート(反射低減コート)」を採用。セル表面には「反射防止膜」を設け、セルにしっかり太陽の光を取込みます。さらにセルの裏面にある「反射膜」のミラー効果により、光の発電効率を増大させています。

3.高い発電効率を実現する「バックコンタクト方式」。
モジュールの表面にあり太陽光をさえぎる障害となる電極を、すべて裏面に設計する「バックコンタクト(裏面接続)方式」を採用。P型電極とN型電極を交互に配置し、電極が混在する部分の面積を増やすことで電子のやりとりがスムーズになり、高い発電効率を実現します。 

詳細は、下記のメーカー公式サイトをご確認ください。
http://www.toshiba.co.jp/sis/h-solar/index_j3.htm