パナソニックは、同社のHIT太陽電池で、実用サイズの結晶シリコン系太陽電池セルとして、世界最高を上まわる変換効率25.6%を達成し、オーストラリアのニューサウスウェールズ大が1999年に出した25.0%の記録を15年ぶりに更新しました。
単結晶シリコンとアモルファスシリコンを組み合わせる構造に加え、電極を裏面側に配置するバックコンタクト型を採用することで、
太陽光が直接当たる表面の面積を広くするなどの工夫により実現しました。

詳細は、下記のURLよりご確認下さい。
http://www.kankyo-business.jp/news/007480.php