フリーソーラーPROJECT
【法人向け】 FREE SOLAR PROJECT [CORPORATION]

フリーソーラーPROJECT【法人向け】とは?

お客様の屋根スペースに太陽光発電システムを無償で設置します。
発電した電力をお客様が購入する仕組みです。
電気料金の圧縮、また発電システムの譲渡など、さまざまなメリットがあります。

導入メリット

  1. MERIT 01

    初期投資や管理コストがゼロで、リスクを抱えない。

    太陽光発電システムは無料で設置いたします。ローンや現金出費もありません。保守もデンカシンキが行いますので、管理コストがかかりません。

  2. MERIT 02

    今よりも電気代がお安くなることも。

    自家消費の電力を今までと同水準または、より安く購入いただけます。

  3. MERIT 03

    メンテナンスコストもかかりません。

    設備設置だけでなく、保守にもコストがかかりません。そのため、メンテナンス管理の煩雑さがなく、手間もございません。

  4. MERIT 04

    設備が譲渡されます。

    発電決済という独自の決済方法に基づき、累積値が太陽光発電システム設置の譲渡ラインに達した時点で、太陽光発電システムの所有権が需要家様に譲渡されます。(譲渡時期の見込みは、太陽光発電システム設置から約9〜10年後)

  5. MERIT 05

    再エネ賦課金(約3円/kWh)がかからない。

    自家消費された電力分のお支払いには、再エネ賦課金を払う必要がなくなります。 ※再エネ賦課金とは、売電型の太陽光発電設備から固定額で電力会社が買い取っている負担を、企業や一般家庭に分散している金額のことです。

  6. MERIT 06

    災害時の非常電源を確保する

    パワーコンディショナ1台あたり1,500Wまで対応できます。
    ※100V電源に対応しておりますが、200V電源など高圧電源は対応しておりません

  7. MERIT 06

    SDGs達成への貢献が期待できます。

    PPAモデルの太陽光発電システムであっても、消費電力は太陽光発電によるもので、温室効果ガスの排出量が少ない再生可能エネルギーを利用していることになります。
    そのため、RE100(使用電力を全て再生可能エネルギーで発電した電力でまかなおうとしている企業の集まり)に加盟するための条件の一部を満たすことができたり、SDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に貢献しているアピール材料にすることができます。

仕組み

  1. ABOUT 01

    デンカシンキが、企業様の社屋等建物の屋根に太陽光発電システムを設置(受注・設計・施工・管理)します。

  2. ABOUT 02

    再エネ推進企業(PPA事業者)が、設置された太陽光発電システムの費用を負担します。 そのため、お客様は初期投資ゼロです。

  3. ABOUT 03

    お客様が発電された電気のうち、消費電力(実際に使われた電力)のみ電気料金として、月々お支払いいただきます。

    ※デンカシンキグループ会社の㈱再エネ思考電力へお支払いいただきます。 余剰電力(発電された電気のうち、ご家庭内で使用されず余った電力)は、地域ごとの大手電力会社(四国電力や東京電力等)が買取り、再エネ推進企業に支払われます。

    株式会社 再エネ思考電力は、屋根上で生まれた電力100%の実現をコンセプトに設立されたデンカシンキのグループ会社です。

  4. ABOUT 04

    フリーソーラーの設置により、電力購入力を削減し電力料金の削減が見込めます。

    自家消費の電力を今までと同水準、またはよりお安く提供いたします(図のBの部分)。また、電力の購入量自体を減らすことで、再エネ賦課金お支払いの削減にもなります。

    ※太陽光発電では電力が不足する場合、電力会社(再エネ思考電力)が電力供給いたします。

  5. ABOUT 05

    申請・施工・管理は、デンカシンキが行います。そのためメンテナンスコストがかかりません。

    フリーソーラープロジェクトで設置される太陽光発電システムに関する申請・施工・管理は、再エネ推進企業(PPA事業者)の委託を受け、デンカシンキが行います。
    また、自家消費した電力分の電気料金のご請求・回収は、再エネ推進企業(PPA事業者)の委託先電力会社(再エネ思考電力など)が行います。

どれくらいお安くなるのか(導入例)

  1. CASE 1

    太陽光発電システム 20.0kWシステム設置の場合/従量電灯A

    フリーソーラー導入前(四国電力 従量電灯A)

    電力量料金
    (1kWあたり)

    30.5円

    再エネ賦課金
    (1kWあたり)

    2.98円

    合計
    (1kWあたり)

    33.48円

    約732,000円/年

    ※月平均の日中電気使用量 1,800kWh/月で計算

    After(フリーソーラー導入後)

    電力量料金
    (1kWあたり)

    28.6円

    再エネ賦課金
    (1kWあたり)

    0円

    合計
    (1kWあたり)

    28.6円

    約618,000円/年

    ※月平均の日中電気使用量 1,800kWh/月で計算

    年間 114,000円 電気代削減!

  2. CASE 2

    太陽光発電システム 100.0kWシステム設置の場合/高圧電灯

    Before:フリーソーラー導入前(四国電力 高圧電灯)

    電力量料金
    (1kWあたり)

    15.5円

    再エネ賦課金
    (1kWあたり)

    2.98円

    合計
    (1kWあたり)

    18.48円

    約1,924,000円/年

    ※月平均の日中電気使用量 8,500kWh/月で計算

    フリーソーラー導入後

    電力量料金
    (1kWあたり)

    16.5円

    再エネ賦課金
    (1kWあたり)

    0円

    合計
    (1kWあたり)

    16.5円

    約1,683,000円/年

    ※月平均の日中電気使用量 8,500kWh/月で計算

    年間 241,000円 電気代削減!

設置の条件

設置場所は、広く日当たりの良い屋根の空きスペースとなります。

フリーソーラープロジェクトは、従来の産業用太陽光発電のように、山などの自然を切り開くことがないよう、限りある環境を守り、景観もそこなうことなく屋根の上というすでにある場所の空きスペースを有効に使えるよう運営しております。

設置のできるシステム容量は10~250kWシステムまでとなります。

屋根の空きスペースや電気使用量などを計算し、ご提案いたします。

発電された電気はまずは自家消費、余った電気を余剰売電していただきます。

従来の産業用太陽光発電のような、発電された電気をすべて売電する全量売電はご利用いただけません。
また、電気使用量により、完全な自家消費型モデルでのご提案もさせていただきます。

※上記の他、図面審査や現場調査・PPA事業者審査の段階でもフリーソーラーの設置をお断りさせて頂く場合もございます。予めご了承くださいませ。

ご提案~契約満了までの流れ

CONTACT

お見積もり・資料請求など
お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせの方

お問い合わせフォーム

お電話でお問い合わせの方

TEL. 0120-66-7108

【受付時間】9:00 - 19:00